• 瞑想とリーディング、心と魂と身体のくつろぎと癒し|東京のヒーリングサロンyam

愛するみなさま
こんにちは

 

今日は関東で雪らしいです

何年か前に買った雪掻きシャベルの登場なるか…みなさま足元お気をつけて下さいね〜

 

*****

「予防線を張られるとムカつく」

*****

息子しゅりくんの言葉。

昨日、何かの話をしていた時に出たイキリワードw

望んで行動した時に、人に先回りして慰められるのが嫌なんだって。

 

「もし手に入ったらすごいよね」とか

「望んだものが手に入らなくても頑張ったから良いじゃん」とか

「挑戦するだけえらい」とか

「失敗することの予防線」を張られたくないんだとか。

 

良かれと思って出ている言葉なのはわかるけど

その裏に「失敗するかも」という相手の気持ちが見えてしまう。

その思いにも傷つくし、相手にそう思わせている自分の力不足にも腹がたつ。

だから望みを叶えるために行った事に対して、叶わないとか失敗するとは思わない。

ダメなら死ぬほど絶望するくらいの気持ちで挑みたい…って言っていたの。

 

おお。さすが高温ハートボーイ。生き方がドラマチックすぎる笑

 

でも正直ハッとした。

 

わたしは以前のブログでも書いた通り、望みを持つこと自体を恐怖としていたし、

以前のブログ

 

今でも望みを持つ時に「手に入らなくても良いように、傷つかないように」と、

どこかに必ず予防線を張っている。それは望みだけでなく何に対してもそう。

もちろん予防線を張るのが悪い訳じゃないし、傷つくのが怖いのは当たり前だし、嫌だ。

 

けれどもいつからか

 

失敗しても経験

失敗が成功に導く

失敗をたくさんした方が良い

 

それが「良いこと」みたいになっているところがあるなと。

自分の中で。

 

怖さを隠すために、絶望をしないために、隠れ蓑として

 

失敗しても全てが最善じゃん♡

 

って誤魔化してたんだなぁって。

いや、もちろん全てが最善なんだけどねw

 

それを言えるのは「絶対叶えたるで!」という気概で努力して行動した人のみだな…と。

こんな形で条件付けからまた解放されていくなんて…。

神様ありがとう。

しゅりくんありがとう。

 

と言うことで「望み方改革」していきますー!!

 

ちなみにりんりんは「働かない改革」をやっていくそうです笑

 

 

全てに愛と感謝を

******

 

「祈りとチャリティ」イベント開催致します

2月16日(日)

10時〜17時 ふじみ野にて

セッション内容

リーディング、カード、タイ古式ケア、整体等

全て10分1,000円にて ※全額寄付させて頂きます。

詳細はまたお知らせ致します

 

*****

 

[稲城ヨガ&瞑想]

[ヨガ]
・1月16日(木)
・2月13日(木)

・3月10日(火)満月

10時~11時半
参加費¥1,500

[瞑想会]
・1月30日(木)
・2月お休み

・3月24日(火)新月

10時~11時50分
参加費2千円

いずれも
稲城の百村コミュニティ防災センターにて

お問い合わせ・お申し込みはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です